Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
宿命占星学
占星術の中の宿命を示す法則を重点的に紹介している。本書は市販の西洋占星術の本に書かれていないユニークな理論の紹介があり面白い。目新しい理論だから、必ずしも即役に立つということはないが、著者の場合実占経験に即してよく練られたな内容紹介がある。特に、トランジット日食、リリス、バーテックス、ドデカテモリー等、面白い理論と事例が紹介されている。その中に、サイババやジョン・アディーのチャート紹介、ケネディ暗殺の事例紹介等が面白い。トランジット、プログレス、ソーラーリターン未来予測、ハーフサムを利用したによる占断法の事例の紹介もある。部分的に古典占星術やインド占星術の手法を取り入れている。クックブック的な本が多い日本語の占星術書の中で、本書は本質的な部分に触れている数少ない本である。占星術学徒にとって有用な本である。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
調波占星学入門
ハーモニクス占星術について、ジョン・アディーやエバーティンの思想を正しく受け継ぐ、日本語で書かれている唯一のまともな本である。具体的にはアディ調波、ハーフサム、石川の分割調波等について、豊富な事例を交えて詳しく書かれている。石川の分割調波は氏がジョン・アディーが放棄した第2調波をもとに開発した独走的手法である。現代西洋占星術石川スクールの誇る専門分野でもある。ハーモニクス占星術の将来への可能性は大きく、マンデーン研究にも応用できる。正統派現代西洋占星術を学ぶ者の必読の書である。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | - | - | top↑ |
応用占星学入門
西洋占星術の基礎理論が網羅されている。特に現代西洋占星術の要であるアスペクトの意味、見方について詳しく触れている。ヴォイド、トランジットとその中の特殊なあり方であるソーラーリターン、マンデーンの解説もある。プログレスもセカンダリーとソーラーアーク法についての説明がある。こうした理論を裏付ける事例も豊富である。理系の著者らしく非常に理論的に組み立てられているので初学者は最初難しく感じるが、少し習熟してくると、実にしっかりした理論的な組み立てをしているか分かってくる。上記内容を本格的に学びたい人には良書としてお奨めできる。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
演習占星術入門
ハウスシステムについての詳しい説明がある。各ハウスについてそれぞれ理論と代表的な象意についての事例の紹介がある。第4ハウスでのマンデーン、特に気象占星術と地震予測、前兆予測は、石川源晃氏の専門とするだけあって日本語の本としては現段階で最も理論的な内容である。第5ハウスの出産、競技の勝ち負けに記述も面白い。第12ハウスの所で、モダンホーラリーの見方について詳しい説明と実際の占断事例の紹介がある。実際にホーラリーをどのようにして見ていくのかがわかり面白い。古典ホーラリーに興味がある人でも、まずはこのようなシンプルな見方でもきちんとした結論の得られる所から勉強していくこともいいと思われる。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
実習占星術入門
理系出身の押しも押されぬ占星術の権威、石川源晃氏のシリーズ物の著作の第1巻目です。西洋占星術の本格的な勉強をしたい方は、この著作から基本的知識を吸収することを進めます。サイン、天体、ハウスの基本的意味、ホロスコープの作成方法、リーディングの読み方等、著者らしい妥協を許さぬ定義づけは、本格的に西洋占星術の基本を身につけたい人にとっては最適の本です。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | - | - | top↑ |
The only way to learn about Horary and Electionaol Astrology
Horary Books
モダンホーラリーの代表的な本です。モダンホーラリーは古典に比べると
シンプルとはいえ、馬鹿にしたものではありません。設問、占的、ハウスの解釈、ハウス展開を的確に行なっていけば、物事の吉凶、成否、失せ物発見等に実によい切れ味を発揮します。実際の鑑定ではあまりに微に入り細に入る必要もなく根本が押えられていれば十分な場合が殆どです。そのような意味で実占向きの良書と言えます。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
Mundane Astrology
Mundane Astrology
マンデーン(政経)占星術の解説書である。マンデーンに用いる理論解説がある。イギリスを中心とした過去の歴史的出来事の事例解説が面白い。マンデーンにおけるハウスの独自の象意、日食月食の取り扱い、主要国家の始原図、四季図等の解説がある。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | - | - | top↑ |
Practical Guide to Traditional Astrology

現代占星術を最初に学んだ人が、古典占星術の勉強を始めようとする時の
最適の入門書です。古典占星術と現代占星術とを対比して書かれているので分かりやすい。分かりやすいとはいえ、エッセンシャルディグニティ、アルムーテン、ペルグリン、ハウスのルーラー、アンテッション、デクスター・シニスター等々古典占星術の基本的な技法についてほぼ網羅されています。本のボリュームも適切なので、古典の基礎を身につけたい方にはうってつけの本である。
| この記事のリンク | 西洋占星術 | - | - | top↑ |
Combination of Stellar Influences
halfsum
ウイッテのウラニアン占星術を土台にして、エバーティンが書いたコスモバイオロジー(ハーフサム)の本です。150の惑星の組み合わせの意味が書かれていてミッドポイント(ハーフサム)を見ていく時、辞書のように使用できます。ハーフサムの見方、使い方、解釈の仕方について説明があります。ハーフサムはホラリー、ネイタル、マンデンのいずれでも使用できますが、その具体例が載せてあります。

| この記事のリンク | 西洋占星術 | - | - | top↑ |
A New Study of Astrology
study
ジョン・アディーの「ハーモニクス理論」の開発の経緯とその内容が詳しく述べられている。ミシェル・ゴークランの統計的手法に加えて、より広い
占星術理論の開発に向けたシステムアプローチにもとづく理論についても
解説がある。

| この記事のリンク | 西洋占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/2PAGES | >>