Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
仏教の説話と美術
budha
仏教の多くの経典は伝説・説話の宝庫でもある。又、仏典の中に豊富に伝承されている仏教説話、すなわち仏伝、本生話、比喩物語はインド人の豊かな想像力や美的感覚の基に文学、絵画、彫刻に表現され直した。本書はそのような仏教美術がどのように表されているかについてまとめてある。範囲も日本だけでなくインド、東南アジア、中国に及んでいる。仏教文化史を魅力的に知ることができる。
| この記事のリンク | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
古代インド
古代史
仏教学の権威、中村元先生の著作である。日本ではあまり知られていない古代インド史についてわかりやすく書かれている。悠久の国インドには歴史の概念がないとよく言われる。しかし、それは釈迦の正確な生誕日等厳密な年代の記述に乏しい傾向があるだけで、実際のインドは紀元前30Cと推定されるインダス文明以来長い歴史をもっている。インダス河畔の遺跡からは既にこの頃現在のインド文明の基層文化が形成されていたらしい。この文明の担い手はドラヴィダ系の人達という説が現在有力になっている。次のインド支配者はヴェーダ聖典を作ったアーリア人である。しかし、最近はマックスミューラーのアーリア優位説やインドアーリアンの侵入に疑問を投げかける学説もある。
本書はインダス文明からアーリア人の浸入、バラモン教の成立、原始仏教の出現、マガダ国、マウリア王朝、ギリシャ人の浸入、クシャーン朝、大乗仏教の成立、グプタ朝、仏教の崩壊までの古代インドの歴史を記述している。
| この記事のリンク | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
星占いの文化交流史
文化史
サンスクリット語に巧みな矢野道雄先生の力作である。
古代においては、占星術は未来予知の為の学問であり、未来予知の為の経験科学、応用科学であった。特に、中国とメソポタミアでは国家体制を維持する為の基幹学問であった。
我々は命理系の占いはそれぞれ固有の地域で発達したものと考えがちであるが、本書を読むとそれぞれが歴史的に交流し相互に影響しあっていることが分かる。概括的ではあるが相互の関係が理解できる。本書は、メソポタミアから日本まで占星術を中心とした文化交流の足跡を紹介したものである。内容的には占星術の始まり、ヘレニズム文化、地中海とインドの交流、ササーン朝ペルシャ、インドと中国の交流、イスラムの占星術等興味深い事柄の概括的記述がある。
| この記事のリンク | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |